営業案内

確かな技術から生まれる多彩な箔表現

コールドフォイル

コールドフォイル

コールドフォイルとは、箔を印刷設備で転写する技術です。熱と圧力をかけて箔押しするホットスタンプと異なり、熱を使わない箔転写方式になります。また、箔の上にカラー印刷を施すことが可能である為、より意匠感を高めることができます。

弊社では2種類の箔転写方式を採用しており、オフセット印刷と同様のPS版を使用するものは「FoIltone」、樹脂板を使用するものは「Hybrid Cast & Cold-foil =(HCC)」と呼称しております。

Foiltoneの特徴は、オーバープリントを行なった際に、印刷との見当精度が高く、繊細なデザインの再現性にも優れている点になります。HCCの場合、圧胴で箔を潰さないので、ホットスタンプに迫る高い鏡面性を得ることもできます。

HCCフォイル

HCCフォイル

Hybrid Cast & Cold-foil =(HCC)とは視覚効果の高い高級感のあるホログラムコールドフォイルを効率良く行える加飾技術です。
従来のコールドフォイルとは異なり、樹脂版転写方式を採用しており圧胴で箔を潰さないので、ホットスタンプに迫る高い鏡面性を得られます。

Digi・Pocoフォイル

Digi・Pocoフォイル

Digi・Pocoフォイルとは、透明なニス厚盛りの上に、箔を転写する印刷になります。
立体的な箔による輝きは、従来の箔表現とは異なったインパクトを与えることが出来ます。パッケージ等のデザインをより高めるワンポイントとしてご活用ください。
詳しくはDigi・Pocoのページもご覧ください。

一番上に戻る